保育士の転職

保育士転職サービス【保育士バンク】の特徴や利用方法を紹介

更新日:

 

保育士バンクとはどんなサービス?

みなさん、「保育士バンク」ってご存知でしょうか?

保育士や幼稚園教諭が転職をするための求人情報を提供しているインターネットサービスです。そこで、

保育士や幼稚園教諭が転職するにはハローワークで探すしかないんじゃない?・・・

とい方もいらっしゃると思いますが。

実は、無料の会員登録をするだけで、現在公開中の求人だけではなく、保育士や幼稚園教諭が働ける職場の非公開求人を見ることができるサイトです。

今回は、「保育士バンク」の実際の登録方法や利用手順を抑え、実際に転職が決まるまでの大まかなながれを見ていきたいと思います。

そして、保育士バンクのメリットとデメリットについて紹介していきます。

1.保育士バンクってなに~利用方法の流れ~

保育士バンクとは

保育士専用転職サイトの利用メリットは?

保育士バンクとは、保育士または幼稚園教諭が就職・転職をするための求人情報を無料で提供しているところです。

近年、保育園の数が少ないことによる待機児童の問題とともに、保育士数の不足も社会問題になっています。

保育士の仕事内容は多岐にわたっており、また、子どもを対象とする仕事であるため、保育士自身の体力面の充実が求められます。

そこで、多くの特徴を持つ保育士といった職業ですが、保育士専用の転職サービスが必要とされています。

保育士バンクとは、その中の一つ、かなり知名度が高い保育士転職サイトです。

具体的にいうと、以下のような方には、保育士バンクの利用をおすすめできます:

  • 非公開の求人や少しでも給与の高い園へ転職したい現役保育士や幼稚園教諭の方
  • 現在の保育現場でキャリアアップは望めないので、別の職場でキャリアアップはかりたい方
  • 保育士や幼稚園への転職を考えているけれど、一人で転職活動をすることは不安な方
  • 保育士の資格を持っているから、現場にでるのは久しぶりだけど再就職したい方
  • 現役の幼稚園教諭で今後、別の園で転職を考えている方
  • 現在、子育て中で勤務時間に制約があるけれど、仕事と家庭を両立しながら保育士として活躍したい方

保育士バンクの利用方法

転職サイト「保育士バンク」について紹介します

では、保育士バンクの利用方法について見ていきたいと思います。

会員登録から転職までの流れは以下の5つのステップからなっています!

  1. 無料会員登録
  2. ヒヤリング及び相談の実施
  3. 就職先や転職先の紹介
  4. 園に見学、面接
  5. 内定・転職決定

では、一つずつ紹介していきます。

① 無料会員登録及びお問い合わせ

転職の検討はまず、無料会員登録から始まります。

 

② ヒヤリング及び相談の実施

転職活動に向けて一番大切なところになるかと思います。いわゆる「自分の就労希望にあった条件を満たす園があるのか」の相談です。

現在、子育て中で保育士への再就職を希望されている場合などは、勤務時間の条件や休日の有無などについては気になる部分です。

自分が転職を希望するときに、どのような条件なら就労することができるのか、サイト上からある程度、具体的に条件を絞ることが可能です。

アドバイザーの方に口頭で相談に乗ってもらうのも良いかと思います。

諸条件は色々ですが、一部だけをご紹介します。

  • 勤務時間
  • 休みの有無(特に土日の休みはきちんととれるのか
  • 勤務場所
  • 雇用形態
  • 残業の有無
  • 持ち帰り仕事があるのか
  • 有給の日数ときちんと有給が消化できるのか
  • 子育てと仕事の両立は可能か
  • 研修やキャリア構築はどのような制度があるのか
  • 福利厚生や社会保険の有無
  • 園がどのような保育方針を持っているか

保育士バンクのサイトで転職のための条件検索をかけることも可能ですので、ぜひ、利用してみてください。

細かなところなどは面接で各園に確認する必要があるかと思います。

面接などは園の採用担当者と直接話すことができる貴重な場でもあります。ぜひ、自分が気になっていることは聞いてみてください。

③ 就職先や転職先の紹介

自分で絞った条件の中から気になった園を見つける段階です。

多数の求人からご自分で探すことはもちろん可能ですが、担当コンサルタントに諸条件を伝え、紹介してもらう方法もあります。

一度専門家に任せて園を紹介してもらうのも良いかと思います。

④ 園に見学、面接

転職希望の園には必ず、見学希望を出しましょう。

園の見学で子どもたちの様子や園の雰囲気からわかることも沢山あります。自分が実際に働くことをイメージしならがら見学してみるのもおススメです

面接時に「こんなこと聞いても大丈夫かな?」と思うことがあれば、担当コンサルタントに相談して代わりに聞いてもらうことが良いかもしれません。

⑤ 内定・転職決定

無事、内定です。入職に向けた準備があれば行いましょう。

また、園から内定はもらったけれどもやっぱり辞退したいという場合にも担当コンサルタントに伝えれば、園に辞退の申し出をしてもらえます。

保育士バンクの利用メリットとデメリット

保育士バンクのメリット

保育士バンクの転職流れとは?

保育士バンクの主な利用メリットは以下です:

・無料会員登録をすることで非公開・公開求人を検索することができる

・取り扱い求人数が他サービスよりも多い

・専任コンサルタントがおり、何かあれば相談にのってもらえる

転職活動は、普通で行う場合1人で行うことが多いです。専任コンサルタントがいることで「転職について相談できる相手がいる」ことは大きいと思います。

・転職先の希望条件を検索することができる

・必要であれば、専任コンサルタントが園見学にも同行してくれる

・園に直接聞きにくいことは、専任コンサルタントを通じて聞いてもらうこともできる

・面接の日程調整、合皮の確認、入職の手続き関連をお願いすることができる

・内定をもらった後の辞退も専任コンサルタントにお願いすることができる

・希望の園に就職した後のアフターフォローを受けることができる

・書類審査に必要な履歴書や職務経歴書の書き方についてもアドバイスを受けることができる

保育士バンクのデメリット

一方で、利用するデメリットもあります。

・希望求人があれば、電話連絡やショートメールなどがたびたび来る

・常勤の求人が比較的に多い(非常勤やパート勤務が少ない)

・求人の数が都市部が多い傾向にある

・専任コンサルタントが熱心である

当然ですが、上記は場合によってメリットでもあります。できるだけきちんとした転職先を見つけたい方なら、保育士バンクは良い選択肢だと思います。

ですが、現職ですぐに転職できないなどの事情もあるため、じっくり考える時間が欲しい人なら、何度も電話や連絡があることに戸惑うこともあります

また、コンサルタントによって向き不向きがあると思いますので、合わなかった場合、コンサルタントの変更をお願いしてみるのも良いかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

保育士バンクのメリットとデメリットを紹介してきました。

現在、現職中の保育士や幼稚園教諭の方、子育て中で保育士の復職を考えている方など、転職活動にさく時間が限られている方は、うまく保育士バンクのサービスをうまく利用することで「本来は自分でやらなければならない転職活動の段取り」を簡略化でき、転職活動の時短につながるかもしれません。

転職するためにどうしても自分がゆずれない条件面や働く環境面などを自分の中でしっかりと固めた上で保育士バンクをうまく活用できるといいですね。

また、保育士バンクだけではなく、ハローワークなどの情報と並行して、より多くの転職先の求人に触れることも一つの方法かと思います。

 

転職先の園では様々な保育方針で子どもたちを保育しており、本当に園によってその特色などは様々なです

まずは、保育士バンクや様々な求人票をあたりつつ、希望する園に見学にいくことから始めましょう。

もし可能であればその園で働く、保育士や幼稚園教諭の方の声を聞くことができるのが一番良いですね。

 

そして、何よりも見学した園で過ごしている子どもたちの表情が大切です。

園でのびのびしているか、笑顔はあるかなど、子どもたちの普段の様子から伝わってくるものもあるかもしれません。

保育士バンクを賢く利用しつつ、最後は自分の目で確認する

その積み重ねが、あなたのキャリアアップの一助となると思います。これから転職や復職を考えておられるすべての方の参考になれば幸いです。

保育士バンクを利用して自分が「保育士として新しく輝ける場所」を見つけてみませんか?

-保育士の転職

Copyright© 保育士を辞めたい方へ , 2020 All Rights Reserved.