保育士の悩み

保育士の資格を活かす仕事を5つ紹介~保育園だけじゃない!

更新日:

 

保育士の資格を活かす仕事

 

保育士になって保育園で働いてるけど、どうやら自分には合わないみたい...

  • 体力勝負だし
  • 勤務時間も長くて
  • 持ち帰りの仕事も多い

人によって理由はそれぞれですが、このまま続けていけるのか不安になってしまうときがあります。

しかし、他にどんな仕事があるのか詳しく知らないという方が多いのではないでしょうか?

保育園以外で保育士の資格を活かせる仕事ってあるの?そんな疑問を持っていませんか?

 

結論から言いますと、あります!

実は、保育士は保育園だけではなく、どこも人手不足なのが現状だと言われています。

ですから、保育士の資格を所持している人材を求めている施設や企業は以外とたくさんあります

せっかく勉強して取得した保育士の資格を活かさないなんて、もったいない!

そこで今回は、保育園以外で保育士の資格や経験を活かす仕事を紹介します。

 

保育士の資格を活かせる仕事を5つ紹介!

保育士の資格を活かすことができる仕事についてお伝えしたいと思います。

 

企業の事業所内に設立された保育所の、企業内保育士

保育士の資格を活かす仕事:企業

 

共働き夫婦が増えたことから、小さな子どもがいる社員のために、子どもを預けて働けるようにと保育所を社内に設置している企業はたくさんあります。

通常の保育園と比べて1番のメリットは、保護者のお迎えで困ることが少ないということがあります

預かっている子どもが急に体調を崩したり、怪我をしたりして保護者に連絡したけど、なかなか連絡が取れない…、連絡が取れてもお迎えに来るのが遅いということは良くありますよね。

すると、その子と一緒にお迎えが来るまで待ち続けなければいけませんし、調子が悪くなっていくのも心配になります。

その点、保護者が働いている敷地内に保育所があるので、直ぐに連絡も取れること、早くお迎えにきてもらうことも可能です

よって、お迎えの時間で苦労することが少なくなります。

企業は土日、祝日、GW、お盆休み、正月休み、とお休みが多いことや福利厚生もしっかりしていることがメリットです。

それから保育園のように、園庭での外遊びや水遊び、準備がたいへんな運動会が無いので、体力的にだいぶ違います。

自分のペースで働けくことができるところも、メリットだと思います。

 

病院内に設置された保育所での、病院内保育士

保育士の資格を活かす仕事:病院

 

病院の中に設置されている保育所で働くということになりますが、2つの選択肢があり、預かる子どもが異なります。

  1. 病院内で働いている職員の子どもを預かる保育所
  2. 入院中の子どもの世話をする保育所

と、なります。

職員の子どもを預かる保育所は、先ほど紹介した企業の保育所とあまり変わりはありませんが、入院中の子どもたちを保育する、保育所で働く場合は条件が変わります。

病気で体調も不安定で、精神的にも不安を抱えている子どもと関わりながら、子どもたちが笑って楽しく過ごせるなるようにメンタルのケアをしてあげることが大切です

医師、看護師が常時いるので、保育士さんは特に、医療の知識は必要ありません。子どもたちの体調や、メンタルな部分を優しく励ましてサポートしてあげましょう。

病院の保育所ということで、福利厚生も充実しているところが多いのも特徴です。

入院中の子どもたちと関わるということは、保育士として精神的にも成長することができる職場だと思います。

 

テーマパークや商業施設内での仕事

保育士の資格を活かす仕事:テーマパーク

 

テーマパークや商業施設内に併設されている、託児所で保護者が迎えに来るまで一時的に子どもを預かる仕事です。

保育園のように時間の決まり、子どもたちへの指導や、給食、お昼寝などの保育をする必要はありません

預かっている子どもが安全に過ごせるように見守るのが仕事です。

シフトを自分の都合で働ける職場もあるので、時間の融通がきくところを探している、土日だけ働きたい、短時間勤務でしか働けないという人にも向いています

また、保育指導や雑務もないので、慌ただしく働くこともなく自分のペースで働けるのも魅力です。

テーマパークや商業施設内での保育士の仕事を見つけるには、直接ネットなどで施設を検索するとHPで募集しているところが多いです。

また、託児所に保育士募集の張り紙がしてある場合もあるので、見つけたら直接聞いてみると良いでしょう。

ただ正社員として雇用しているところは少ないようです。

時間の空いているときに、パートやアルバイト勤務で働きたい人に向いています。

 

ベビーシッター

保育士の資格を活かす仕事:ベビーシッター

 

ベビーシッターとは、依頼されたお宅に直接訪問して、自宅の中で保育を行います。

基本的に1人~、兄弟姉妹がいる場合でも3人ぐらいの子どものお世話をするのが仕事です。

保護者から、やってほしいことを確認して働きますが、特別な決まりや時間通りに何かをやらなきゃいけはい...、ということは少ないようですよ。

1人の子どもと、じっくり関わることができるのでお互いに信頼関係が生まれれば、保育することが楽しみになるでしょう

そして子どもと直に触れ合い、関わることから保育士としての経験や知識を活かすことができます。

子どもを預ける保護者にとっても、保育士の資格を持っていることは信頼性も高く、安心して任せられるということです。

保護者から信頼されると、同じお宅で継続して保育することもできるというメリットがあります。

 

美容院保育士

保育士の資格を活かす仕事:美容室

 

小さい子どもがいて1人で美容院へ行くことが難しく、困っているママのために託児所を設けている美容院も増えてきましたね。

美容院保育士の仕事内容は、お店の別室、またはお店の片隅のスペースで託児する場所を設けて、保護者がカットやカラーを行っている間の2~3時間だけ、子どもを預かります。

基本的に無認可保育室という扱いになるそうです。

別室の場合でもモニターで室内が見えるようになっていたり、ガラス張りにして中の様子を確認できるようになっています。

子どもがその間、退屈しないように楽しく過ごせるように一緒に遊びます。

少人数保育なので体力的にも楽ですし、おもちゃや、アニメのDVDなども用意されているのでそれらを使って一緒に遊ぶのも良いでしょう。

美容院保育士は、シフト制のところが多く、自分の働ける日程を組んでもらえるところがほとんどです。

また時間通りにあがれるのも魅力で、持ち帰りの仕事もありません。

結婚、出産してからでも、続けやすい仕事だと言えます。

この仕事も正社員の募集は少ないようで、パートやアルバイトという雇用になることが多いですが、フルタイムで働くことができない人や、週に2~3日だけ働きたいという人には向いていますよ。

 

保育士の資格を活かせる仕事の探しかた

 

保育士の資格を活かす仕事の探し方

 

保育士の資格を活かす仕事と言っても、どんな職場が自分に向いているのか?

待遇面や、お給料、時間に融通がきくのか?など自分に合う条件で探したいですよね。

友人や知人の紹介なら話も早くて、自分の条件も通りやすいというメリットがありますよね。

それから保育士のハローワークや、求人誌で情報を収集しておくことも、転職する際に役立ちます。

またネットの、保育士専門の求人サイトなどは、自分の条件を入力し登録しておくと、その条件に近い求人があるときにいち早くメールで知らせてくれる機能もあり便利です。

あらゆる全ての求人情報に常にアンテナを張っておくことで、いろいろな保育士の資格を活かせる仕事の情報を得ること、探すことができますし、自分の条件に合う職場がいち早く見つかるメリットがありますよ!

 

まとめ

保育園以外でも、保育士の資格を活かせる仕事について紹介しました。

保育士の資格を活かす仕事は、しっかりと保育に関わる仕事から、短時間勤務やブランクがあっても働きやすい仕事まで本当に様々な種類があります。

企業や、施設でそれだけ保育士不足で困っている...、保育士の資格を持っている人材を求めているということです。

保育士であることは、社会に貢献できる立派な資格です!

あなたの条件に合った保育士の資格を活かす仕事を見つけてくださいね。

-保育士の悩み

Copyright© 保育士を辞めたい方へ , 2020 All Rights Reserved.